どのくらいの人

月払いと年払いの学資保険の利点

多くの学資保険では、その保険料の支払い方法として、月払いに加えて年払いの選択肢を取ることもできるようになっています。
分割払いよりも一括払いの方がショッピングの場合も安いのと同じように、学資保険の場合においても年払いで払ってしまう方が総支払い額は少なくなり、結果的に返戻率が上がるようになっています。

それでは、実際、月払いよりも年払いの方がお得でメリットになるのでしょうか。
もちろん、上記に述べた通常の返戻率だけを考えた場合、例えばある会社の200万円の学資保険だと、総支払額はおよそ1万円ほど安くなります。
18年間満期で1万円です。
この1万円をお得だと感じるか、それとも年払いの結構な大金を毎年支払うことについてのデメリットの方が大きいと感じるかは各家庭次第でしょう。
少なくとも、支払い総額が少なくなるということは言えます。

しかしながら、学資保険は生命保険の一種だということの特徴として挙げられる、契約者死亡の場合の支払い免除特約について考えてみると、本当に年払いが得なのかが疑問になってきます。
どういうことかというと、この特約は、契約者である親や祖父母が死亡してしまい支払いができなくなってしまった場合、その後の保険料の支払いが免除され、給付金は契約どおり満期に支払われるというものです。
それを踏まえると、もし年払いで保険料を払い込んだ直後に契約者が死亡してしまった場合、最大で11ヶ月もの保険料について損をしてしまうということになるのです。
この観点からは、もしものことを考えると、月払いの方が安心・安全でお得な気がしますね。

それぞれの家庭によっては、支払い方でどちらが家計にとってやりくりしやすいかということも選択する背景にあるかもしれません。
例えば、ボーナスなどをうまく使って年払いする方が、毎月をやりくりするよりも容易だというところもあれば、まとまった大金を用意することは困難なので、コツコツと毎月支払う方が合っているということろもあるでしょう。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.