どのくらいの人

大切な子どもの夢を叶える学資保険

子どもが3歳を過ぎると、親は子どもの可能性を広げてやりたいという思いから様々な習い事を検討し始めます。
あるいは、子どもの方からも、様々な物に興味が出てくる時期のため、自ら何かをやりたいと言い出す頃かもしれません。
こういった子どもの夢への投資は、毎月3000円〜1万円、教育ママであればもっとかけるところもあるでしょう。
これとは別に、授業料のかからない中学まででも課外費は意外とかかり、子ども一人を育てる教育資金は、なんと800万円〜2000万円とされています。
父親よりも母親の方がこういった教育に関して譲れない思いを抱える場合が多く、できれば大学まで行かせてやりたい、この教室には金銭的に通えないということがないようにしてやりたいなどと思う気持ちを持つのです。

さて、こういった子どもたちの将来の夢への投資、夢を見つけた時にその夢を叶えてやるための貯蓄のために、学資保険が存在します。
もちろん、自分たちが将来教育費を払えるようにするために積み立てておくというのが実際のところなのですが、それでも、目的は子どもの夢を叶えるためにという気持ちからでしょう。
実際、学資保険の中には、プラン名に「夢を叶える」という文言が付いているものも多く存在します。
親としても、モチベーションが上がりますね。

この学資保険とは、いわゆるこども保険と呼ばれるものの一種で、こども保険には他にも損害保険や医療保険など最近ではバリエーションも豊富に様々な会社で用意されています。
これは、不安定な経済を抱える世の中で、自分たちにもしものことがあった時、子どもが困らないようにという親の思いが強くなっているからかもしれません。
学資保険にも、返戻率の良い貯蓄型重視のものから、特約や保障を充実させ、もしもに備えるものまで内容も様々ありますが、子どもの夢を叶えるという観点から考えると、やはり貯蓄型で受け取れる金額が多いものが人気のようです。
また、満期時以外の、例えば入学時毎などに祝い金や一時金といったものが支払われるタイプなども、急な出費に備えられるということで人気が上昇しているようです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.