どのくらいの人

学資保険の詳細について

学資保険とは、いわゆる大人が加入するのと同じ生命保険の一種です。
しかし、大人のそれとは決定的に異なるのが、目的を子どもの教育のためという形にし、予め設定した満期時には給付金として元金相当額かそれ以上を受け取れるというものになります。

基本的には、まとまったお金が必要になる子どもが15歳や18歳という時期を満期に設定し、その際に100%以上の返戻金としての給付金を受け取れるというシンプルなタイプのものが最近では人気を集めています。
元々は、一社のみから出ていた学資保険も、今では様々な会社から様々なプラン内容で出ているため、契約者としても調べ、検討する必要があります。

そして、学資保険にはもうひとつの側面があります。
それが、子どもの将来を保障するというために、契約者にもしものことがあり、保険料を支払えなくなった場合でも、給付金を満期には受け取れるという保障的な要素があるということです。
もしもの将来にも備えることができます。
また、これ以上の保障として、例えば、親が死亡した後に育英年金という形で毎年年金を受け取れるものや、子ども自身の医療保障までカバーするタイプのものもあります。
しかし、このタイプは、その分保険料を掛け捨てのような形で支払わなければならず、多くの場合満期時に受け取れる給付金が元本割れを起こしてしまうことが多いため、注意が必要です。

給付金についても、満期時に受け取れるだけでなく、例えば、お金がかかりだす中学の入学時から高校、大学とそれぞれの入学時に祝い金として少しづつ受け取れるという内容のプランなどもあります。
しかし、これについても、祝い金という名が付いてはいますが、単純に満期時に受けとれる元金から少しづつ前倒しで受け取れるというだけで、保険会社からのボーナスのようなものではないため注意が必要です。
いずれにしても、毎月きちんと貯蓄をしたとしても、何かあった時に引き出せてしまう不安のある貯蓄型の預金などよりは、半強制的に積み立てられて、満期時までは受け取れない学資保険の方が確実に子どもの教育資金を確保できるため、選ばれています。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.