どのくらいの人

学資保険で将来を対応

日本の社会全体が、どんどん高学歴社会へとシフトしていたり、グローバル化が進んでいたり、将来の自分たちの子どものことを考えると、親としては教育だけはきちんと受けさせてやりたいと思います。
その時、そこにかかる金銭面についての将来への不安がどうしても付きまとうのが家庭事情でしょう。
主に、大学のことを考えると、入学金だけで何十万とかかり、それに年間の授業料がまた何十万とかかってきます。
国立や公立に通ってくれる親孝行な子であればまだましですが、これが私立になると、この2倍〜3倍の費用がかかってきます。
一般家庭で突然このようなまとまったお金を用意することはなかなか難しく、どこの家庭も、このためにコツコツと貯蓄をするか、教育ローンや奨学金といった制度を利用しているのですが、できれば借金は避けたいし、毎月今から貯蓄が果たしてできるのかという不安も生まれます。
そんな時に、将来に向けてばっちりと備えることができるのが、学資保険です。

学資保険では、例えば大学入学時などといった予め設定された年齢に子どもが達すると、満期金として元本相当額かそれ以上の返戻金を受け取ることができます。
最低ラインは大学入学金と一年間の授業料程度の額が満期金として設定されているプランで、そのラインだと月々収めていく保険料も軽い負担で済みます。
もちろん、加入する子どもの年齢が低ければ低いほど保険料は安くなります。
初めから高く設定して無理をすると、解約ということになり、この場合かなり損をしてしまうことになります。
そのため、家計を十分に考えたうえでの満期金の設定が必要になります。

また、学資保険の目的は子どもの教育資金のための貯蓄となってはいますが、もちろん、その用途以外にも使うことは可能です。
例えば、子どもが大学へは行かず、海外に渡航することになったというような、また違った夢を応援するための資金としても使ってやることができます。
まさに、子どもの将来に備えたお金を作る保険なのです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.