どのくらいの人

失敗を考えない学資保険の選び方

子ども手当や児童手当といった国の政策による子どものための給付金が支給され、それを子どものためにどう使おうか考えた時、今一番に選ばれているのが学資保険です。
将来に向かって教育資金を確実に貯められる他、ただの貯蓄と違ったメリットが満載だからです。
しかし、様々な会社から出ている学資保険は、資料請求してみたところで、いいとこばかりに目がいって、結局どれがいいのかよくわからないということにもなりかねません。
そして、いいところばかりのキャッチセールスにうまく流されて、入った後に入らなければ良かったなんていうことになる可能性もあるのです。

学資保険とは、満期になれば結構な金額を受け取ることのできる長い付き合いかつ大きな出費を伴う重要なものです。
そのため、確実に失敗しない選び方で、入ってて良かったと思えるものと契約をする必要があります。

そこで、まずは、何を目的に入るのかを考えましょう。
学資保険には、お金を貯める目的はもちろんあるでしょうが、貯蓄を主に考えるのか、それとも保障を重視して、何か合った時に備えるのかで大きく変わってきます。
この目的が決まれば、そこに特化された会社を選ぶ必要があります。
この会社選びにもポイントがあり、やはり選ばれている会社はしっかりとしたサポートと信頼があります。
そのため、大手や有名な会社を選ぶことで失敗を防げます。

次に、貯蓄についても、お金を受け取れる時期を決めることができます。
だいたいが18歳満期という大学入学前に備えるものなのですが、これも誕生日などの関係から17歳満期で受け取れるようにしておいたほうがいいケースもあるため、検討が十分に必要です。

ここで、十分に気をつけたいのが、「育英年金」や入院保障などの「医療特約」が付いたものを選ぶと、元本割れを起こす可能性が高いということです。
契約者、この場合は両親、祖父母の誰かになりますが、もしものことがあった場合にその後の生活を保障するためのお金が支払われるというものなのですが、このぶんについて余分に掛け捨ての保険料を支払うことと同じことなので、十分な検討が必要です。
実際は、親自身の生命保険や国の健康保険の保障で十分だからです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.