どのくらいの人

学資保険は年末調整で控除に関して

学資保険は、生命保険の一種です。
となると、当然、サラリーマン家庭ならちょっと得した気分になれる年末調整に大きく関わってきます。
払い過ぎた税金が返ってくるかもしれない大事な手続きである年末調整の際に、控除を受けることができるのです。

年末調整の控除について少し説明しておきます。
会社勤めであれば、毎月給与の支払いがありますね。
その際、ある一定基準額である仮の金額で所得税が引かれています。
これはあくまで仮なので、年末に、保険に関する控除や途中で結婚をしたことによる配偶者控除というものについて精算する必要があるのです。
これにより、仮の金額よりも低い税額になった場合、還付があります。
この控除と呼ばれる国の措置の中に、保険料控除というものがあるのです。
給与から毎月保険料の支払いとして引かれている金額に対しては、所得税や住民税を課さない、もしくは軽減しようという措置です。

この保険料控除に、学資保険も大いに関係してくるのです。
毎月およそ1万円前後、年間12万円前後という額が平均的な学資保険では、それぞれの収入と支払総額を加味して、年末調整をする必要があります。
そして、大抵の場合還付金を受け取ることができます。
所得税で最大4万円、住民税で最大28000円もの控除になりますので、ぜひ利用すべき制度です。

この手続きをするためには、年末調整前に届く、生命保険料控除証明書というものが必要になります。
保険会社から送られてくるもので、ハガキのタイプが最近では多いのが特徴です。
これを、就労している会社に提出することで、年末調整が行われるのです。
ちなみに、自営業者などは確定申告の際に手続きをすることになります。

ほとんどの会社では源泉徴収額として多めに引いているため、年末調整時に還付がある方が一般的でしょう。
こういった税金対策のためにも、定額預金などよりも学資保険を選んでいる人が多いということもあるのです。
家族が多い家庭ならば尚更、控除をたくさん受けられるため、ぜひ年末調整を忘れずに行いましょう。

Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.