どのくらいの人

なぜ学資保険を活用する

子どもの親たちはなぜ学資保険に入っているのでしょうか。
それを問われた時、最も多い回答は実は「なんとなく」なのです。
驚きですね。
自分の親から入るように勧められたり、周りが入っているからという理由だったり、似たような回答がたくさん返ってくるのですが、そのどれもが明確な理由を特に抱かずに流れるように学資保険に加入しているというベースがあるのです。

それもそのはず。
学資保険は、投資などのように大きな損をするという不安感もないうえ、とてもクリーンなイメージですね。
保険会社によっては元金の100%を上回る給付金を受け取れ、お金を少しでも増やすことができるところもありますし、確実に子どもの将来の学費等に当てることができるお金を作ることができるのです。
こういったプラス面ばかりのイメージから、特に理由もなしに学資保険に加入するという人が非常に多いのです。

しかし、そうは言っても毎月およそ8000円〜1万円前後の金額が口座から自動で引き落とされていき、満期まで長いもので18年間という長期間の付き合いとなる契約ですので、本当なら明確な理由を持って加入してもらいたいものです。
そこで、学資保険にぜひ入った方がいいという理由を紹介しておきます。

上記に大まかに挙げていますが、まずはやはり確実に子どもの教育費としてお金を用意することができるということがあります。
コツコツと貯めることが苦手な人なら特に、学資保険のように自動で払込みされていくスタイルのものの方が確実に貯まりますし、増やすこともできます。
大学へ進学させたいという思いがある家庭なら尚更、100万前後の授業料をまとめて支払わなければならない状況になるために、まとまったお金が用意できる絶好の方法です。
もう一つ、学資保険に入るべき理由としては、支払う親などが死亡した後は払込みをせずとも給付金を同じように受け取れるということがあります。
高齢出産の人や、もしものことが不安な人には安心材料となるポイントなのです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.