どのくらいの人

学資保険は兄弟で同じ保険に入る

学資保険についての話題の一つに、兄弟で同じ保険に入るのかということがあります。
子どもが一人という家庭も多いですが、やはり兄弟姉妹がいる、二人目、三人目と考えている家庭が大半です。
そうなると、一人目と同じように学資保険を考えることになりますし、男女で教育費についての考え方も家庭によっては違うかもしれません。
男の子だから大学へ行かせたいという考えや、逆に女の子もいいところへ入っていい旦那様を見つけなくてはという考えもあるかもしれません。
そんな時、やはり将来に向けて学資保険に入ることに決める親も多いはずです。

実際、兄弟姉妹のいるところは同じ保険会社で契約をしているところが一般的には多いです。
その第一の理由は、上の子と同じでいいという新たに考える必要がないことが挙げられます。
二人目や三人目となると、上の子の子育てが継続されているため、時間が取れないということも背景にあるかもしれません。
本当は上の子の保険もよくわからず入ったから見直したいなどと思っていても、やはり面倒でそのまま二人目も入ってしまうということが多くあります。

確かに、兄弟で同じ保険に入ると、兄弟割引というものが適用される保険会社もあります。
兄弟が多い家庭にはおすすめですし、その場合、ぜひ一人目の時からこういった保険を選んでおくことをおすすめします。
二人目、三人目と契約を追加する形になるのですが、そうすると、月々に支払う保険料が安くなり、結果的に返戻率が上がるということになります。
月々200円割引とかいう金額を見て、たったそれだけと思うかもしれませんが、学資保険の払込期間は18年などというかなりの長期間です。
合計すると4万円とか6万円とかいう金額の割引になりますので、大変お得なのです。
兄弟で入る一番人気の保険では、この兄弟割引を使うと、返戻率が119.5%という驚異的なUPが見込めます。
そのため、賢くお金を増やすこともでき、兄弟の多い家庭にとっての死活問題である教育費の一部を安心して用意することができます。
                                                                                                                                                                                                                                                                      

Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.