どのくらいの人

子どもの将来に欠かす事が出来ない学資保険

家族ができ、子どもが生まれたら、もしくは妊娠がわかったら、その子の将来について考えることになるでしょう。
将来、幼稚園、小学校、中学校、高校と通うことになります。
そして、親としては、大学に行かせてやりたい、または、本人が何かやりたいことを見つけ、専門学校へ行きたいと言い出すかもしれません。
これらの、特に高校から以降については、授業料というものがかかってきます。
さらには、給食費、教材費、部活費、遠征費、一人暮らしをすることになれば仕送り費といった、雑費が諸々かかってくることになります。

子どもの将来のために、よしがんばろう、貯金をしておこうと思うかもしれません。
もちろん、貯蓄もひとつの方法です。
しかし、貯蓄よりも有効な方法として、学資保険という選択肢があります。
これは、子どもの将来に欠かせないものになるでしょう。
なぜなら、半強制的に積み立てができ、満期になると元金が戻ってくる、いわゆる給付金を受け取れるからです。
これを、入学金などのまとまった一時教育費として利用できるため、子どもの将来を潰すことなく、夢に向かって学べる機会を作ってやるための助けになります。

また、もし支払いをする親に何かあって支払いが不可能になってしまったとしても、その後の保険料を支払うことなく、満期には給付金を受け取れるというところが学資保険の保険としての最大のメリットです。
このことを見ても、子どもの将来を保障してくれる欠かせないものだということがわかります。
もちろん、子ども一人を育てるには教育費はおよそ800万円かかると言われていますので、学資保険だけで全てを賄うのは難しいかもしれません。
それだけ積み立てなければならなくなりますからね。
しかし、入学時などのまとまったお金がいる時以外は月々のやりくりで頑張れるところではあるため、やはり学資保険で一番入り用でまとまって使わなければならない時に備えておくということが必要なのです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.