どのくらいの人

子供が産れると同時に学資保険

子どもの誕生というのは、人生で一番幸せを感じられる時かもしれません。
新しい家族が増え、この上ないほどの愛情が湧き出るのを感じ、何を置いても守るべき存在が初めてできるという本当に素晴らしい出来事です。
そんな愛すべき存在である我が子の誕生から落ち着いて、その子の将来を考え始める前に、とにかく産まれて落ち着いたらすぐに考えてほしいのが学資保険です。

産まれてすぐに保険?と思われるかもしれませんが、これは子どもを愛すれば愛するほどに大切さを感じなければならない重要なものです。
その産まれた子が、この先、幼稚園、義務教育を経て、高校、大学と進学し、社会へと旅立っていく将来に向けて、多大な額の教育費というものがかかってきます。
生活費はもちろん家族が増えるのですから、色々かかってきますし、その部分でもきちんとやりくりしなければならないのですが、毎日ちょこちょこかかるお金と比べられないほどにまとまった大金が必要になるのが将来の教育費なのです。
今からコツコツと貯金をすると思われる人もいるかもしれませんが、産まれてすぐから貯金ができるでしょうか。
そこから18年間欠かすことなく、使うことなく、貯金を維持できるでしょうか。
これには結構な意志の強さを必要とします。
自分は負けてしまうかもしれない不安がある人には、ぜひ学資保険をおすすめします。

一口に学資保険と言っても、様々な会社から様々な内容のものが出ています。
おすすめや最近の傾向は貯蓄を主にした貯蓄型学資保険で、受け取れる満期金が支払総額を上回るお得なものです。
子どものために少しでも多く、少しでも負担が少なく続けてやれる保険ということで、やはり人気なのです。

0歳の産まれたばかりから考えなくてはいけないのかと思われるかもしれませんが、0歳だからこそ考えてほしいのです。
18歳などといった時期に満期が設定されている学資保険なので、低年齢であればあるほど毎月支払う保険料は負担が軽くなりますし、さらには入ることができる年齢も限られています。
実際、0歳で入る人が一番多いのです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.