どのくらいの人

学資保険で子どもの教育資金を確保

将来、子どもに金銭的な理由でやりたいことをやらせてあげられなかったら。
せっかく見つけた夢を追いかけさせてあげられなかったら。
親であれば、こういった虚しさはぜひ味あわせたくないと思うでしょう。
しかし、この日本経済の不景気は、一向に劇的な回復を見せるどころか、支払う方が増えていき、入ってくるお金が減る一方だというのが一般家庭の言い分です。
そんな状態では、こういった子どもの将来のお金についての不安が、両親につきまといます。
できれば、そんなことにはさせたくないが、今後の収入や生活がどうなるかわからないというところが本音かもしれません。

そこで、確実な形で将来に備えて、子どもの教育資金を家計の中から確保する方法があります。
それが、学資保険です。
学資保険は、将来、子どもの中学校や高校卒業、大学の入学時という予め設定した満期時において、積み立てた元金相当額を給付金として受け取ることができるもので、その満期時にそれだけのまとまったお金を教育資金として利用できることができるのです。
また、子どもの年齢が低ければ低いほど月々の負担する保険料は少ないため、早めに入れば家計の負担もそこまで大変な額ではないということから、将来に向けて多くの家庭が学資保険を利用しているのです。

世の中の主婦の大半は、子どもの将来のために少しづつでも貯蓄をしておきたいと思います。
しかし、毎月、あるいは毎年単位であっても、銀行に貯蓄していくということはかなりのやりくり上手で忍耐力と強さを持ってしないとなかなか難しく、やはり何かと入り用があった時には使ってしまったり、毎月捻出するのに結局後回しにしてしまったりしてしまうことも考えられます。
そのため、半ば強制的に毎月積み立てを要求され、支払うものとして考えられる学資保険は主婦の強い味方なのかもしれません。
あくまで保険ですので、生命保険などと同様に、途中解約した場合の返戻金はかなり少ないですし、2ヶ月連続で未納すると失効してしまうなどの仕組みが支払いを強制してくれるのです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.