どのくらいの人

学資保険や子どもの保険の重要性

なんとなく周りが入っているから、親に入れと勧められたから、といった理由で学資保険に加入している家庭というのは意外と多いものです。
そんな明確な理由もなく、なんとなくで入らなければならないほどに、学資保険をはじめ、子ども保険と呼ばれるものには必要性があるのでしょうか。

正直に言うと、このように明確な理由なしに入るほどの必要性はないかもしれません。
というのも、学資保険は子どもの将来の教育資金に当てることができる満期給付金等を受け取れる保険ですが、毎月の保険料を長いもので18年間も払い続ける必要があり、その結果、元本よりも少し多いかもしくは元本割れをする契約もあります。
確実に元本割れをする学資保険には、保障重視型のものがあるのですが、これについても実際の必要性をあまり感じられません。
なぜなら、子どもの医療費は自治体でサポートが大きくほぼかかることはない上、子どもが死亡した際の給付金なんて受けとりたくもないと思いますし、育英年金といった類のものは、親の生命保険だけで十分でしょう。

そう考えると、学資保険に入る必要はないのではないかと思ってしまいます。
しかし、きちんとした理由を持って入るのであれば、学資保険はとても子どものためになる大切な保険なのです。

まず、子どもの教育意欲を応援する親の気持ちを表現する直接の方法になります。
これはどういうことかというと、毎月保険料を工面して自分のために保険金を用意してくれた親の愛に応えようと、子どもは勉強意欲が沸くかもしれませんし、大学入学の際に入学金をぽんと出してくれる親に、感謝の気持ちから家族の絆が深まるかもしれません。
貯蓄とはまた違った、自分のための学資保険という存在が子どもとの関係を作ってくれるのです。
また、一番のメリットでもある契約者死亡後の保険料払込み免除という内容があるため、万が一の時にも子どもの教育費を確保してやれるというのも学資保険ならではです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.