どのくらいの人

一番お金を貯めれる学資保険

子どもの教育費確保のために学資保険という方法を選択した人にとって、自分が支払う保険料はできるだけ少ないに越したことはないですよね。
同じ300万円に給付金を設定しても、支払い総額が272万円か285万円かという10万強の差でも家庭にとっては大きな問題でしょう。
このように、給付金総額に対しての支払った総額保険料についての利率を返戻率というのですが、これが一番いいプランがやはり一番お金が貯まる保険だと言っていいと思います。
そこで、一番お金が貯まる学資保険と、その保険でなくてもお金が貯まるようにする学資保険の入り方を少しみてみます。

様々出ている学資保険の中でも、一番返戻率がいいのはF社が出している返戻率110.1%というものです。
110%越えなのはここだけなので、やはり一番人気にもなっています。
これは、貯蓄型学資保険になりますので、医療保障については一切と言っていいほどに付いていません。
しかし、契約者死亡の際の保険料払込免除については基本で付いていますので、この最低限のもしもには備えることができます。
少し難点なのは、給付金を受け取れる年齢が18歳と22歳なので、大学費用としてしか備えることができないという点です。
中学・高校の時にも備えたいのであれば、他の12歳や15歳の時に給付金を受け取れるプラン内容のところがおすすめです。

それでは、この他の105%前後が平均的な返戻率の学資保険では、そこまでお金が貯まらないということでしょうか。
一概にはそうとも言えません。
実は、学資保険の支払い方法には、月払いの他に、年払いや前納という方法もあります。
こうすることで、月払いよりも保険料が安くなり、その分返戻率が上がるということになります。
さらに、18歳払込み完了が平均的ではありますが、実は10歳までに払込を完了するといったプランなどもあり、月々の保険料は負担が大きくはなりますが、返戻率が格段に上がります。
もし余裕がある家庭であれば、こういった賢い方法を利用して、お金を増やすということができるのです。



Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.