どのくらいの人

保障の高い学資保険について

昔ながらの学資保険で、最近では人気があまりなくなってきているのが保障型と言われるタイプのものです。
満期時に受け取れる保険金の額が支払った保険料よりも多くなる、いわゆる返戻率のいい貯蓄型が最近では選ばれているため、昔ではメジャーであった保障型の学資保険は減ってきているのが現状なのです。

しかし、貯蓄型では補えない子どもの入院や通院といった時の様々な費用や、万が一契約者である親が死亡してしまった際のその後の子どもの進学費用や生活費などをサポートできるのが保障型です。
そのため、こういった保障についても学資保険にまとめることができるため、家庭によってはこちらの方が備えておきたいニーズに合っているというところもまだまだ多くあるのです。

学資保険の元祖といわれるところが出している内容は、新しく貯蓄型に移行しつつはあるものの、まだまだ保障型も根強く、厚い保障を受けられるタイプとなっています。
具体的には、被保険者である子どもが死亡した際の死亡保障は、満期時に受け取れる金額相当額を受け取れる他、事故による死亡保障なども追加できたり、入院保障も様々な特約プランから選んで追加することができる内容となっています。
満期の金額も幅広く選べて、特約の選択肢もバリエーション豊富なことから、ニーズに合わせて組み合わせられる点がおすすめのポイントになります。

他にも、有名保険会社から出ている保障型の学資保険プランの中に、死亡保障はないまでも、医療保障がかなり厚く設定されている人気のものもあります。
子どもの日帰り入院から保険金が受け取れ、その他長期入院や手術一時金なども保障されています。

ただし、こういった保障型は、保障の部分に保険金が使われ、掛け捨てになっていることから、満期金の返戻率は100%を下回ってしまうという点には注意が必要です。
また、子どもの医療保障については、最近では自治体による保障が手厚くなってきていることもあり、やはり保障型から貯蓄型への移行が目立つようです。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.