どのくらいの人

元本割れの心配がない学資保険の選び方

「元本割れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
子どもの将来の学費、教育資金のために蓄えとして学資保険に入るのに、実は受け取れる額の総額が実際に支払った総額よりも少ないという現象が起こるものもあるのです。
これを元本割れと言います。

そうしてこのような内容の保険に入ってしまうのか。
これは、保険会社のやり口です。
なぜ、元本割れするかというと、医療保証や特約、お祝い金などといった満期に受け取れる以外の保証やサービス内容がプラスされている内容だからです。
その分が保険料として使われるため、受け取れる額が減っているということです。
もちろん、もしもの医療保証や、例えば父親が亡くなった場合に特約で保険料の支払いをしなくても満期に受け取れるという内容が付いたものなどを希望するという人はいいでしょう。
それも家庭の選び方です。
しかし、子どもの医療については、ほとんどの自治体で自己負担が低く抑えられている他、公的な医療制度で高額医療についてなども補えるようになっています。
そのため、医療保障を学資保険に求めない人が多く、元本割れしない、いわゆる返戻率の高い内容のものが多く選ばれているのが現状です。

それであれば、元本割れしない、うっかり元本割れしてしまっている保険に入らないようにしたいと思うでしょう。
そこで気をつけたいのが、いかにシンプルな内容のものかということです。
満期まで支払って、いくらもらえる。
単純にこれのみの学資保険を選ぶことで、元本割れすることのない内容のものに入れます。
先に述べたように、保障や特約が負荷されることで、元本割れが起こるのです。
つまり、シンプルな保険を選べば、自ずと返戻率の高い保険に入れるということです。
そして、近年人気の高いネット保険がおすすめです。
というのも、大手生命保険会社の学資保険などは、保障や特約が付いている元本割れするものが多い特徴があり、ネット保険についてはそういった点が少ないものが多いからです。
しっかりと見極めて、お得で損をしない学資保険を契約しましょう。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.