どのくらいの人

どのくらいの人が学資保険を活用

「子どもが生まれたら学資保険」。
そんな暗黙の了解のようなことが常識になっているように思える近年ですが、実際のところ、学資保険に加入している人はどれくらいいるのでしょうか。
どれくらいの割合で加入している人がいるのか気になるところです。
周りの家庭は基本的にはみんな入っているように思えるというのが主婦の意見かもしれません。
周りが言うから考えるようになった、みんなが入っているから入った、そんな家庭も多いのではないでしょうか。
それでは、実際に見てみましょう。

ある調査によると、相当な数の契約件数を持っている学資保険の収容5社の契約件数を合計し、その年の出生数を見ると、2人に1人の割合で加入していることになるという結果がでています。
しかし、この5社以外にも学資保険を出している会社は多数ある他、0歳で加入する人だけでなく、平均的には少なくとも3歳までには加入するという人が一般的なため、確実な割合ではないでしょう。
そのため、これよりももっと多い割合で加入している人がいる可能性が高くなります。

また、ある育児雑誌のアンケートでは、今後加入予定という人まで合わせると、加入している人の割合が7割でした。
やはり子どものことを考え、そういった雑誌を見ている人を対象にしているという点はあっても、それだけの人が加入しているということになります。

反対に、加入していない人たちの加入しなかった理由などを見てみると、経済的に月々の保険料負担の余裕がなかったということが最も多く、その他には入る機会を逃したという理由も多く見られました。
これは、満期が決まっている学資保険ならではの理由で、子どもの年齢が上がれば上がるほど月々の保険料負担が重くなることや、だいたいの保険が7歳までしか加入できないという条件があるためでしょう。
このように見てみると、やはり多くの人が子どもの教育費のために確実な学資保険を利用しているということがわかります。


Copyright(C) 2013 子供のために欠かせない保険 All Rights Reserved.